歯科では現代人に多いとされる歯周病の治療も可能!

歯科では現代人に多いとされる歯周病の治療も可能!

治療

検査方法

色んな食べ物や昔と大きく変わっている生活スタイルの影響などで、現代人の歯の健康は失われつつあります。中でも、歯周病は治療者も多く、現代人に多い歯の病気の1つとされているのです。この病気を治すためには、歯科へ通わなければ解決しません。病気で失ったものは、再生はできないものです。ですから、放置せずに治療をスタートさせましょう。まず、巣鴨の歯科に到着したら、レントゲンを取るよう指示されるので、身に付けているアクセサリーを全て外しておくと良いでしょう。そして、歯と歯肉の間がどれくらいあるのか計測をします。さらに、出血や膿があるか調べ、最後に歯の動作や歯垢の付着の頻度を検査します。そうすることによって、どのくらい進行しているのかを知り得ることができるでしょう。

治療期間

歯周病の初期であれば2~4回で完了しますし、内容も指導やクリーニングだけで終えることができます。しかし、進行状況が思わしくない方は、1、2カ月施術をしなければならないので、巣鴨の自宅近くで歯科を探すと良いでしょう。通院にかかる時間と距離があるほど、人間は面倒になってくるものです。結果、病院から遠ざかってしまうでしょう。そうならないためにも、自分が継続して通える歯科を見つけることです。

歯周病の症状

  • 歯肉が腫れあがる
  • 歯磨きをすると血が出る
  • 動揺を感じる
  • 歯ぎしりをする回数が増える
  • 歯の隙間が開く
  • 歯が長くなった感覚がある

正しく磨いて病気を阻止するには

柔らかめな歯ブラシを選ぶ

歯にこびりついてしまった汚れはなかなか落とすことができないので、ついつい硬めの歯ブラシを使ってしまいます。そうなってしまうと、歯茎を傷つける要因になってしまうので、硬さに注視してみると良いでしょう。

つの字で持つ

歯磨きを持つときには、鉛筆をもつように握るのではなく、お箸を持つようにそっと添えるくらいでいいのです。そうすることによって、圧が強い方でもゴシゴシ擦る心配がないので、歯茎を守ることができるでしょう。

持ち替える

歯の根元は基本的に逆三角形になっているので、横向きに磨いていても汚れが落ちる筈がありません。ですので、縦向きに替えることによって、細部についた汚れを取り除くことが可能になっているのです。

つけすぎない

歯磨き粉を付けてしまうと、歯磨きをした気分になってしまうので、まだ十分に磨き切れていないのにも関わらずストップしてしまいます。それでは意味がなくなってしまうので、刺激の少ないタイプを少し付けるのがベストです。

広告募集中